マンション大好き

マンションの修繕積立金に関するガイドライン

2011熊本城

4月18日国土交通省から「マンションの修繕積立金に関するガイドライン」が発表になった。

このガイドラインは、「主として新築マンションの購入予定者向けに、修繕積立金に関する基本的な知識や、修繕積立金の額の目安を示し修繕積立金に関する理解を深めるとともに、分譲業者から提示された修繕積立金の額の水準について判断する際の参考材料として活用することを目的に作成したもの。」だそうです。

本篇でも20ページくらいのガイドラインなので、興味があるかたは、一度ご覧になってはいかがでしょうか。

内容は、
修繕積立金の積立方法には、均等積立方式と、段階増額積立方式がある。
均等積立方式が望ましいが、新築マンションの場合は、段階増額積立方式を採用している場合がほとんど、とか。
購入時にまとまった額の基金を徴収すること(修繕積立基金)もあれば、修繕時に一時金を徴収する又は金融機関から借り入れることを前提にした積立方式を採用している場合もある。
マンション購入時は、そのマンションがどのような積立方式を採用しているか確認することが必要、とか。

修繕積立金の額の目安としては、
15階未満で、建築延べ床面積5,000~10,000㎡であれば、平均202円/㎡・月である、とか。

機械式駐車場があればそれに加算せよ、とか。

さらには、修繕積立金の額に影響を与える修繕工事費等は、
○建物等の形状や規模、立地、共用施設の有無
○仕上げ材や設備の仕様
○区分所有者の機能向上に対するニーズ
により変動される、とか。

です。

はい。

投稿日 2011年4月22日(金) PM 7:07

タグ

コメント

※コメントするにはログインしてください。

トラックバック : http://www.mfujino.com/201104221493.html/trackback/
マンション購入のお手伝いから、管理のアドバイス各種資格試験の取得講座と、マンションの事ならお気軽にご相談ください! マンション管理士事務所ふじの 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目10-4 シャンボール大名D-805 TEL:092-791-5501
ページトップ

サイトマップ

© 2018 マンション管理士事務所 ふじの  マンション管理士事務所ふじの RSS