マンション大好き

対岸の彼女

対岸の彼女 (文春文庫)

世の中思い通りにならないことだらけで、それが普通だと思えるくらいは歳を取ってきた。
何か障害を抱えながら生きていくことが人生だろう。
なんにも思い煩うことがない生活なんて誰も過ごしていない。
次はどんな問題が出てくるのか、私に解決できない問題は私の前には出てこないし、そもそもこの世に解決できない問題など、何一つないのかもしれない。

「おとうさん、なんで私たちはなにも選ぶことが出来ないんろう。何かを選んだつもりになってもただ空をつかんでいるだけ。自分の思う方向に、自分の足を踏み出すこともできない。ねえおとうさん。もしどこかでナナコがひどく傷ついて泣いていたら、あたしには何ができる?駆けつけてやることも、懐中電灯で合図を送ることもできないじゃないか。何のために私たちは大人になるの?大人になれば自分で何かを選べるようになるの?大切だと思う人を失うことなく、行きたいと思う方向に、まっすぐ足をふみだせるの?」という高校生の葵。

「何のために私たちは年を重ねるんだろう。何のために年を重ねたのか。人とかかわりあうことが煩わしくなったとき、都合よく生活に逃げ込むためだろうか。銀行に用事がある。子供を迎えに行かなきゃならない。食事の支度をしなくちゃならない。そう口にして、家のドアをぱたんと閉めるためだろうか。」主婦で35歳の小夜子。

小夜子が分かったこと。「なぜ私たちは年齢を重ねるのか。生活に逃げ込んでドアを閉めるためじゃない。また出会うためだ。出会うことを選ぶためだ。選んだ場所に自分の足で歩いていくためだ。」

年齢を重ねるということは、人生に解決できない問題はない、失敗もないと気づいて、自分が望む道を一歩踏み出す、その勇気が与えられること。

この勇気を「おばちゃん化」という。

投稿日 2011年9月22日(木) AM 2:02

タグ

コメント

※コメントするにはログインしてください。

トラックバック : http://www.mfujino.com/201109221741.html/trackback/
マンション購入のお手伝いから、管理のアドバイス各種資格試験の取得講座と、マンションの事ならお気軽にご相談ください! マンション管理士事務所ふじの 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目10-4 シャンボール大名D-805 TEL:092-791-5501
ページトップ

サイトマップ

© 2018 マンション管理士事務所 ふじの  マンション管理士事務所ふじの RSS