国土交通省 平成25年度 マンション総合調査発表

平成26年4月23日 国土交通省より平成25年度マンション総合調査が発表された。
マンション総合調査はマンション管理の実態を把握するため国土交通省により、5年ごとに行われる調査で前回は平成20年度に実施された。

区分所有者へのアンケートに今回初めての質問として「長期修繕計画標準様式、長期修繕計画作成ガイドラインの認知状況」や「管理費の徴収額の妥当性」「修繕積立金の徴収額の妥当性」が入っているが、「長期修繕計画標準様式、長期修繕計画作成ガイドライン」を「まったく知らない」が46,5%、管理費が妥当と思っている人が84,4%、修繕積立金の徴収額が妥当と思っている人が77,6%という結果になっている。

平成20年度のアンケート回収率が管理組合向け47,9%、区分所有者向け49,3%なのに対し、今回平成25年度は管理組合向け63,8%、区分所有者向け65,4%とかなり多くなっている割には有効回収数はあまり変わらず、管理組合からの有効回収数は2,324、区分所有者向けは4,896。マンション総数から考えたら少数だし、このような詳細なアンケートに回答できるマンションはそれだけでかなりのレベルの管理組合運営を行っているマンションであることは間違いない。それでもおおよそながらも、私も感じているマンション管理の実態を表しているようでおもしろい。

参考ページ

国土交通省 平成25年度 マンション総合調査発表

国土交通省HP 国土交通省 平成25年度 マンション総合調査発表 https://www.mlit.go.jp/report/press/house06_hh_000114.html

トラックバック : http://www.mfujino.com/201404242280.html/trackback/
マンション購入のお手伝いから、管理のアドバイス各種資格試験の取得講座と、マンションの事ならお気軽にご相談ください! マンション管理士事務所ふじの 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目10-4 シャンボール大名D-805 TEL:092-791-5501
ページトップ

サイトマップ

© 2018 マンション管理士事務所 ふじの  マンション管理士事務所ふじの RSS