マンション大好き

マンション管理士とマンション保険

201503マンション保険

2015年1月27日日本マンション管理士会連合会は日新火災海上保険株式会社と業務提携しました。

このニュースは日経新聞やNHKでも報道されましたので、御存じの方も多いかと思います。(
報道を見るだけでは内容を理解することはできないので、ちょうど東京へ行くタイミングで2015年3月11日研修を受けてきました。
今回の日本マンション管理士会連合会と日新火災海上保険株式会社との業務提携は、日新火災海上保険株式会社が販売する「マンションドクター火災保険」の特徴である

① 管理組合の「メンテナンス状況を診断」
② 診断結果に応じて火災保険料を決定
③ 「診断レポート」を提出
の①と③をマンション管理士が行うという点を提携するようです。

マンション管理士は保険代理店ではありませんので(たとえそのマンション管理士が保険代理店資格保有していたとしても中立性を図るため「マンションドクター保険」に関しては)保険の説明や勧誘はできません。
ただ、診断を希望するマンションの管理の状態を客観的な基準に当てはめて評価していくのがマンション管理士の役割です。
どの管理士が携わっても同じマンションであれば同じ結論になる必要があるので、どうしても客観的な基準によるしかありませんが、マンション管理状態の確認には幅広い分野の確認が必要になりますので診断も大変そうです。

販売は2015年10月ということなので、さらにブラッシュアップされた判断基準が明らかになるでしょう。

ご興味のある管理組合の方は日新火災海上保険株式会社へお問い合わせいただくと詳細が分かると思います。

投稿日 2015年4月6日(月) PM 6:06

タグ

コメント

※コメントするにはログインしてください。

マンション購入のお手伝いから、管理のアドバイス各種資格試験の取得講座と、マンションの事ならお気軽にご相談ください! マンション管理士事務所ふじの 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目10-4 シャンボール大名D-805 TEL:092-791-5501
ページトップ

サイトマップ

© 2018 マンション管理士事務所 ふじの  マンション管理士事務所ふじの RSS