マンション管理関係最新情報

マンション管理関係最新情報

マンション管理に関する最新情報をご紹介します。

民泊解禁

2017年6月住宅宿泊事業法が成立し一定の条件のもと民泊が解禁されることになり、2017年8月には国土交通省より民泊について「マンション標準管理規約の改正」も発表されました。

当初は標準管理規約第12条の「専ら住居として」という文言があれば民泊は原則禁止、と見てくるという論調もあったのですが、2018年3月15日の民泊届出受付開始を目前に規約にて明確に管理組合の意思をはっきりと示すことが望ましい、

情報更新日:2018年2月2日

続きを読む

2017年マンション標準管理規約改正

昨年に引き続き2017年8月29日国土交通省からマンション標準管理規約改正が発表された。今回は民泊に関する規約案。

情報更新日:2017年8月30日

続きを読む

「マンション標準管理規約」の改正(案)に関するパブリックコメント(意見公募)を開始

平成27年6月19日、国土交通省にてマンション標準管理規約の改正についてパブリックコメントが開始されました。

民泊可否についての規約改正案です。

民泊について条文を引用する形で「禁止」「禁止でない」と規定するようですが、いかがでしょうか。

情報更新日:2017年6月20日

続きを読む

福岡市旅館業法施行条例改正

2016年11月28日、福岡市が旅館業法の改正を発表しました。

区分所有建物である分譲マンションを旅館業として使用する場合は、「施設を旅館業の用に供することが認められていることを確認できる書類」の提出が必要になりますが、その確認すべき書類として規約が挙げられています。

その規約は、標準管理規約第12条「区分所有者はその専有部分を専ら住宅として使用するものとし、他の用途に供してはならない。」という文

情報更新日:2016年12月1日

続きを読む

特区民泊の円滑な普及を図るための住宅・建築行政上の対応について

平成28年11月11日国土交通省より「特区民泊の円滑な普及を図るための住宅・建築行政上の対応について」が発表になりました。

民泊を禁止したいマンション管理組合は事前に規約に追記しておくようにということですが、文言はあっさりです。

「区分所有者は国家戦略特別区域法()第13条(旅館業法の特例)第1項の特定認定を受けて行う国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業に使用することができる。」

しかしこれは

情報更新日:2016年11月14日

続きを読む

マンション購入のお手伝いから、管理のアドバイス各種資格試験の取得講座と、マンションの事ならお気軽にご相談ください! マンション管理士事務所ふじの 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目10-4 シャンボール大名D-805 TEL:092-791-5501
ページトップ

サイトマップ

© 2018 マンション管理士事務所 ふじの  マンション管理士事務所ふじの RSS